B型肝炎と給付金

注射感染症という病気があります。こちらはウイルスがどんどん広まってしまう事によって、多くの被害者を出してしまうのです。そのような感染症の1つとしてB型肝炎というものがあります。こちらはB型肝炎ウイルスに感染してしまうことによって発症してしまう病気であり、日本にはたくさんの患者がいます。大部分は命に別状はないのですが、最悪の場合は肝硬変になってしまったり、肝がんになってしまう方もいます。

日本にB型肝炎の患者がたくさんいる理由として、かつて日本で集団予防接種をする際に注射器を使い回していたという事実があります。これによって、どんどん感染者が広がっていったのです。今では衛生的に良くないこのようなことは行われていないのですが、かつての日本では管理体制がずさんだったために、このような危険なことが平気で行われていました。そのため、被害者が国を相手にして集団訴訟をしました。そのおかげで和解が成立して、国は給付金を支給することになったのです。そのための法律も用意されました。

こちらではB型肝炎の給付金を受け取るためにはどうすれば良いのかを紹介しましょう。給付金を受け取れる条件が揃っているのに未だに手続きをしていない方はたくさんいるのです。早くしないと法律の期限が切れてしまいます。どのような制度であり、どうすれば給付金が支給されるのかを説明しましょう。B型肝炎の感染者の方やその家族の方はぜひとも参考にしてください。

給付金の支給の流れ