弁護士への相談

B型肝炎訴訟を検討しているならば、弁護士に頼ると良いでしょう。そうするメリットがたくさんあるからです。

医師
画像引用:B型肝炎ウイルスに感染した方|スター綜合法律事務所

まず、弁護士費用については国から補助されます。そのため、あまり弁護士費用がかかりません。この点は大きなメリットといえるでしょう。着手金や相談料については無料となっている法律事務所がたくさんあります。そのため、最低限の費用で弁護士に依頼することができるのです。

また、訴訟をしたからといって絶対に和解できるわけではありません。きちんと証拠を揃えて、しっかりと準備をしておかないと給付金を受け取れないケースがあるのです。そのため、弁護士に依頼をするべきなのです。弁護士であれば和解が成立するために必要なことをしっかりと理解しています。必要な証拠書類を用意してくれるでしょう。

B型肝炎の訴訟ではいろいろな書類が必要となります。訴状を用意して、さらに必要書類を作成しなければいけません。B型肝炎訴訟は専門的なことのため、医学の勉強をする必要があります。裁判所にも出廷しなければいけません。これらはすべて弁護士に任せてしまうことができるのです。弁護士に依頼しない場合は全部自分でやらなければいけないため負担が大きいです。

このように弁護士に依頼をするメリットはたくさんあります。

給付金の支給の流れ

肝炎B型肝炎の給付金が支給されるまでの流れを説明しましょう。基本的には訴訟をして、和解協議をして、和解が成立されれば給付金が支給されるという流れとなっています。ただし、いきなり訴訟をするのではなくて、まずは準備をしなければいけません。

B型肝炎の給付金というのは法律によって条件が定められています。過去の特定の年代に集団予防接種を受けて、それによってB型肝炎に感染したことを証明しなければいけないのです。二次感染した方や相続人も給付金を請求できる権利があるのですが、その場合もいろいろな書類を用意しなければいけません。たとえば母子手帳や症状を証明するための医療記録などが必要となるのです。これらは医療機関に問い合わせをして請求することになります。

そして、裁判所に対して国家賠償請求訴訟をします。裁判所が仲介をして、和解協議が実施されます。その際には国から追加で証拠の提出が求められることもあります。提出した証拠から救済要件を満たしていることが分かったならば、和解調書を国と取り交わします。これによって和解が成立するのです。

最終的には給付金を受け取ることができます。給付金の請求は社会保険診療報酬支払基金に対して行います。

弁護士への相談

B型肝炎と給付金

注射感染症という病気があります。こちらはウイルスがどんどん広まってしまう事によって、多くの被害者を出してしまうのです。そのような感染症の1つとしてB型肝炎というものがあります。こちらはB型肝炎ウイルスに感染してしまうことによって発症してしまう病気であり、日本にはたくさんの患者がいます。大部分は命に別状はないのですが、最悪の場合は肝硬変になってしまったり、肝がんになってしまう方もいます。

日本にB型肝炎の患者がたくさんいる理由として、かつて日本で集団予防接種をする際に注射器を使い回していたという事実があります。これによって、どんどん感染者が広がっていったのです。今では衛生的に良くないこのようなことは行われていないのですが、かつての日本では管理体制がずさんだったために、このような危険なことが平気で行われていました。そのため、被害者が国を相手にして集団訴訟をしました。そのおかげで和解が成立して、国は給付金を支給することになったのです。そのための法律も用意されました。

こちらではB型肝炎の給付金を受け取るためにはどうすれば良いのかを紹介しましょう。給付金を受け取れる条件が揃っているのに未だに手続きをしていない方はたくさんいるのです。早くしないと法律の期限が切れてしまいます。どのような制度であり、どうすれば給付金が支給されるのかを説明しましょう。B型肝炎の感染者の方やその家族の方はぜひとも参考にしてください。

給付金の支給の流れ